まさか自分が事故に遭うなんて。

私が26歳の時の話です。

当時親の車を一人で運転しているときに、信号停車中になんと、後ろから追突されました。

物凄い衝撃で、首をがっくんと、痛めました。
追突してきたのは60代の男性でした。私は、とりあえず、路肩に車を停めて、警察に電話することにして、追突してきた男性は私に頭を下げ続けていました。

車を見てみると、後ろの部分がかなり破損していて、追突してきた車も前の方がかなり、凹んでいました。

警察が到着すると、双方に事情を聞いて、事故の、現場検証がありました。

私が首を痛めていたので、追突してきた男性から、「必ず病院に行ってください」と言われて、事故処理の後に、近所の整形外科を訪れました。

そこで、診断と治療を受けて、自宅に戻ると、母が心配そうにしていました。
その後に、追突してきた男性が、奥さんと、菓子折りを持って、謝罪に来ました。

男性は凄く反省している様子でした。
それから、父が保険屋さんに電話して、父と私が入っている保険屋さんの男性が自宅に来て、
私たちがかけている保険の、搭乗者保険と言うものがおりるので、事故に遭った日から、数えて10日間治療に通ったら、保険金がおりると言われました。
私は、仕事を2週間休んで、毎日治療に通いました。

治療の内容は、赤外線で体を温める機械に入って、体を温めて、その後に、患部に、電気を当てて、治療するといったものでした。それから、間もなくして、自分の保険から10万円の保険がおりました。

事故にあった車は修理に出すことにしましたが、修理の担当者から、父と私が呼び出されて、車を修理するのには、費用が50万円はかかると言われて、同じような車を用意すると言われて、父と検討した結果、新しい車を用意してもらうことにしました。元々乗っていた車はダイハツのミラでしたが、用意してもらった車は同じダイハツのムーブでした。
それから、1回警察に呼び出されて、被害届を出して、人身事故扱いにして、まもなく、追突してきた男性は逮捕されたそうです。

事故の後に、できるだけ、治療をしようと、行ける日は毎日病院に行きました。事故に遭った日から、半年間治療に通いましたが、当時あまりお金がなかったので、保険金ほしさに治療を中断して示談金をもらいました。これが、失敗の元となりました。

その後から今日にいたるまで、首のむち打ちが酷くて、首がこるし、痛くて、自腹で、カイロに通ったり、マッサージをしたりと、後遺症に悩まされています。

【全損代車請求の判例まとめ】2週間~1ヶ月が相当として認定されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です