怒らない、怒らない。事故は起こったら負け

これは私が数年ほどの前に仕事中、事故にあった出来事です。

その日、私は1日外回りで車で営業活動を行っていました。

全ての予定していた訪問先を廻って、会社に戻ろうと信号待ちをしていた時です。

突然、後ろからドンっと追突されてしまいました。

幸い、そこまで強く当てられたわけでなく、徐行ぐらいスピードだったので、むち打ち等になることもなく、体の方は問題ありませんでした。

リタイヤした方や無職の方は暇なので、こういったちょっとの事も病院にかかり、診断書を貰うことが多いようですが、仕事をしている身としては、そんな暇はなく、この程度で病院に行く方が手間です。

運転していたのは50代ぐらいの女性でした。すぐに近くの駐車場に車を止めて、警察を呼んで現場検証となりました。

その日予定していた仕事を全て終わらせていたのが、不幸中の幸いでした。

どうやら、その女性はわき見運転をしていたようです。

若干、イラっともしましたが、ここで怒っても、ごねても何も解決しません。ここは、冷静に落ち着いて紳士的な対応を心掛けるようにしました。

完全に10:0で相手の過失ですが、こちらからも「お体は大丈夫ですか?」と気遣いの精神を見せました。

警察官の方のお話では、車同士の事故で停車いる車が当てられた時は100%当てた方の責任になるらしく、またセンターラインをオーバーして当たった場合にも、オーバーしてきた車の方の責任が100%になるようです。

1時間弱で全ての作業が終わりました。当然、私の車の後ろは凹んでおり、テールランプもずれてしまっていたので、翌日修理に出したり、会社へ事故の
報告書を書いたりと、なかなか面倒な事が待っていましたが、数日後その車を当てた女性から会社に連絡がありました。

上司が電話に出たのですが、その女性から「〇〇さんという方はこちらが当ててしまったのにもかかわらず、逆にこちらの体の事を心配してくれて、本当に良い人で助かりました」といった私に対する賞賛の言葉を並べて頂いたようで、さらにお詫びのお菓子を送って頂きました。

そのため、会社では私の株が急上昇し、翌日の朝礼の際に上司から直接このエピソードの話をして頂きました。

あの時、私が感情に任せて、怒っていたらこんな状況にはなっていなかったと思います。

やはり何か不測の事態が発生しても、客観的に冷静に判断して行動を起こすことが重要だと再確認しました。

また女性が運転していた車は思ったよりも、ダメージが大きかったようで、その後帰宅途中に動かなくなってしまったようで、廃車にされたそうです。

皆さん、本当に事故にはご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です